田口歯科医院 ~ 診療内容のご案内本文へジャンプ
田口歯科医院で出来る治療について、わかりやすくご説明いたします。


一般歯科
 ご自分の歯を生涯使い続けるためには、まず歯を健康な状態で維持することが必要不可欠です。しかし、不幸にもむし歯ができてしまい、治療が必要となった場合、症状に応じた治療を行います。
 むし歯がまだ小さい場合は、少し削って白い詰め物をするだけです。この場合は、麻酔を必要としないことが多く、歯を削る量も必要最小限で済むので、治療中も治療後も歯が痛むことはほとんどありません。しかし、むし歯の大きさが大きくなると、その分歯を削る量は増え、場合によっては、神経の治療が必要となることがあります。

 もし、歯の神経の治療を行う場合は、歯の神経があったスペース(根管)を徹底的にきれいにした後、お薬をつめ、その上からかぶせ物をします。通院回数も増えるので、なるべくむし歯が小さいうちに受診し、早期発見、早期治療に努めることが大切です。
 また歯の神経の治療により神経がない歯は、神経が残っている歯に比べ全体的にもろくなりやすく、歯の根っこが割れたり、むし歯になっても痛みを感じないため悪化に気づきにくく、最終的には歯を抜かざるを得なくなることも多いのです。
 私が歯を削りたくないと考えている理由は、まさにそこにあります。そのためにも、日々の歯みがきと、早期の受診という基本が本当に大切なのです。

小児歯科 ~ こどもデンタルノートのご紹介
 健全な永久歯が生えてくるためにも、乳歯のときからの歯のお手入れは欠かせません。乳歯は生後半年から2歳半くらいまでに合計20本生えてきます。特に一番早く生えてくる真ん中の2本の歯はむし歯になりやすい歯ですから、注意が必要です。小さいお子さんは歯みがきを嫌がることも多いですが、きちんと磨いておかないとせっかく生えてきた大切な歯を痛めてしまうことになります。歯と歯の境目と、歯と歯ぐきの間は、大人も子供も共通してむし歯になりやすいところです。特に注意して磨いてあげるようにしてくださいね。


 また、フッ素塗布はむし歯になりにくい歯を作る上で有効な方法です。フッ素塗布の項目で詳しく説明してありますが、3~6ヶ月くらいの間隔で塗布するのが理想的です。ただし、フッ素を塗布したからといって絶対にむし歯にならないわけではありません。あくまでも、むし歯予防のための1つの処置としてとらえ、歯磨きをおろそかにしないことが大切です。

 こどもデンタルノートとは、お子様の歯の記録を残しておくノートです。ご来院ごとに現在のお口の中の状況や、治療内容、ワンポイントアドバイス、次回の予定などを書き込んで行くので、お子様の歯の成長が手に取るようにわかります。
(当院では、唾液の成分検査と、歯科医専用歯ブラシ1本をセットにして500円で販売しております。受付でご購入いただけます。)

矯正歯科 ~ 最新の矯正治療「インビザライン/invisalign」のご紹介
 美しい歯並びは美しい笑顔につながり、その人の人生を豊かなものにします。歯科矯正は見た目をもちろんのこと、歯やお口の中、そして全身の健康を維持する上で大きな効果をもたらします。例えば、簡単に「歯並びが悪い」ことから、次のような体の不調につながることがあります。

①歯並びが悪いと十分な歯磨きが困難になり、食べかすがたまりやすくなります。それが原因で、結果的にむし歯や歯周病になりやすくなります。
②食べ物を正しく咬むことができずに、そのまま飲み込むクセが付いてしまいます。これによって、胃腸に大きな負担がかかります。
③顎の骨や顔の筋肉は、正しく咬むことで発達します。かみ合わせが悪いと、顎の発達が遅れたり、顔が歪むといった影響が出てきます。
④かみ合わせの状態によっては、発達障害が出てくることが考えられます。

 このように歯科矯正は、歯のみならず、全身の健康に大きな影響を与えます。当院では、毎月第3土曜日の午前中に、矯正歯科の専門医による相談・治療等を行っています(その他、不定期ですが平日の夜も相談受付を行っております。詳しくはお問い合わせください)。実際の矯正は専門医が行い、矯正中のケアは当院でカバーする形で治療に取り組んでいます。



 最近、田口歯科医院では最新の矯正治療法「インビザライン/invisalign」を導入いたしました。テレビでも放映され、今話題になっている矯正治療の一つなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
 一般の矯正治療は、歯の表面にワイヤーを取り付けるため、見た目はあまり良いとは言えません。インビザライン/invisalignは、透明で取り外しが可能なマウスピースを、矯正の程度に応じて順次装着することで、歯並びを綺麗に直してゆくものです。マウスピースは2週間ごとに新しいものに交換します。これによって、綺麗な歯並びへと少しずつ近づいて行くのです。インビザライン/invisalignはすでに世界で35万人を超える人々に使われており、多くの実績があります。
 インビザライン/invisalignの特徴をまとめると、次のとおりになります。

1.取り外しができて衛生的
 マウスピース(専門用語では、アライナーと呼びます)は取り外し可能で、歯磨きやフロスも普段どおり行うことが出来ます。また、簡単に洗浄することができ、たいへん衛生的です。
2.食べたいものが食べられる
 マウスピース(アライナー)は取り外せるので、、いつもと変わらない食事が可能です。
3.金属による悩みも解消
 インビザライン/invisalignならば、金属アレルギーを引き起こす心配は全くありません。また、食べ物の味に敏感な方にもオススメです。
4.透明で目立たない
 インビザライン/invisalignのマウスピース(アライナー)は透明なので、歯に付けていても目立ちません。

 左の写真のように、インビザライン/invisalignでは患者様の歯の状態に合わせたマウスピースをコンピュータで作製し、それを取り付けていただきます。
 インビザライン/invisalignの取り付け・取り外しは非常に簡単です。いったん取り付けると、インビザラインは歯に「ピッタリとおさまるため、違和感はありません。
 またインビザライン/invisalignのマウスピース本体は非常に透明度の高い素材で出来ているため、外から見てもインビザライン/invisalignを着用していることがほとんどわかりません。

 一般の矯正治療と違い、インビザライン/invisalignはワイヤーなどが見えず、周囲の目を気にすることなく矯正治療を行うことが出来るのです。
 左下の写真は、インビザライン/invisalignを着用した状態のものです。ご覧の通り、ほとんど通常の歯のように見えることがおわかりいただけると思います。


 右の写真はインビザライン/invisalignのマウスピースの拡大図です。この通り、インビザライン/invisalign自体はほとんど透明なので、矯正治療をしていることが他の人にはほとんどわかりません。また、自分で簡単に取り外し可能なので、食事や歯磨きも今までのように普通に行うことが出来ます。
 なおインビザライン/invisalignに限らず、矯正治療のご相談は無料で承りますので、どうぞご遠慮なくご連絡ください。

インプラント
 何らかの理由で歯を失ってしまった場合、抜けた部分には歯の代わりとなるものを入れなくてはなりません。従来は、いわゆる入れ歯がその役割を果たしてきました。近年では、人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、さらにその上にかぶせ物をすることにより、歯を失う前とほぼ同じ状態で咬むことができるようになりました。この方法をインプラントといいます。

 インプラントは自分の歯と同じように見え、また本物の歯と同じような感覚で咬むことができます。また、周りの歯を傷つけることなく治療ができるなど、様々な優れたメリットがあります。
 しかし、残念ながらインプラント治療は保険適用外であり、顎の骨が痩せている場合は治療が出来ないなどのデメリットもあります。


 当院ではインプラント治療が可能かどうか、可能だとしたらどのくらいの料金がかかるか、メリット・デメリットは何なのかなど、一人ひとりの患者様に応じたご説明を心がけています。
 患者様に合った最適な治療法を、納得の行くまでご説明いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

審美歯科 ~ ホワイトニング、ホワイトコートについて
 美しく白い歯に対する関心は年々高まっています。歯の色が気になるために大きく口を開けて笑えなかったり、自分に自信が持てなくなってしまうのは、とても残念なことです。良い笑顔は人の心を動かします。ニッコリ笑った時にこぼれる白い歯はとても魅力的ですよね。歯を白くきれいにすると、何事も積極的になり、自信も出てきます。

 歯を白くする方法は、大きく分けて3つあります。1つは、歯の上にかぶせ物をする方法で、健康な歯を削らなければならないというデメリットはありますが、確実に皆様が希望する真っ白な歯を作り出すことができます。
 田口歯科医院では、なるべく歯を削らないような治療計画を立てています。そこでおすすめするのは、歯を削らないで白さを取り戻す方法です。以下で、その方法について詳しくご説明したいと思います。

<ホワイトニング>
 ホワイトニング(whitening)と呼ばれる方法は、みなさん名前だけは聞いたことのある方も多いと思います。これはまず歯型をとり、それをもとに製作された専用のトレーに漂白剤を入れ、1日3~4時間、口の中に装着していただきます。これを約1ヶ月間繰り返します。手間と時間のかかる方法ですが、自然に近い色調で、違和感のない白さを実現できます。また、自分の歯を削ることがないというメリットもありますので、気軽に始めることができます。価格は、上下顎で、3万円程度となっております。
 なお、患者様の歯の状態、症状によってはホワイトニングが出来ない場合もありますので、まずはご相談ください。

<ホワイトコート>
 ホワイトコート(white coar)は、歯の表面に光で固まる白いプラスチック剤を塗布することで、自由な白さに仕上げることの出来る方法です。別名「歯のマニキュア」とも言われており、歯を削る必要がなく、希望通りの色調が選択できます。また、一回の処置で完了するので、手軽に歯を白くしたいという方には最適です。
 田口歯科医院では、ホワイトコートを1本800円~で実施しております。時間とコスト面でリーズナブルであることから、多くの方にご愛用いただいている方法です。

予防歯科
 歯科医院は「むし歯になったら行くところ」とお考えになる方がまだまだ多いと思います。しかし、ぜひ発想を変えてみたいただきたいと思います。これからは「むし歯にならないようにするために、行くところ」と考えてみてはいかがでしょうか。予防歯科とは、まさにこの考えに基づき、常日頃からお口の中の健康についての意識を高く持っていただくものです。
 8020運動というのをご存知でしょうか。80歳までに、20本の「自分の歯」を残そう、というものです。田口歯科はこのために、予防歯科が非常に大切だと考えています。

 どのような病気についても同じことが言えますが、病気にならないようにする対策(予防)をすることが、健康な生活を維持して行く上で必要不可欠であるといえます。不幸にして病気にかかったとしても、たいていの軽い病気は休息をとったり、薬を飲むことによって元の状態に直るかもしれません。しかし歯は、一度削ったり、神経を取ったり、抜いてしまったりしたら、もう元の状態には戻りません。ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、これが事実なのです。

 もちろん、たとえばかぶせ物をしたり、入れ歯やインプラントを入れることにより、その「機能」を取り戻すことは可能です。しかしそれは、元の健康な状態からはかけ離れたものになってしまいますし、永久的なものではなくなってしまうでしょう。
 少しでも永く自分の歯を残すために、ぜひ「予防」に取り組みましょう。今からでも遅くはありません。歯茎がむずがゆい、口臭が気になるといったことは、歯に何らかの変化が起こっている兆候である場合は少なくありません。むし歯で痛くなっていなくとも、定期的に歯医者さんでお口の中の様子をみてもらうことは、とても大切なのです。

歯周病治療
 歯周病という言葉は良く耳にしますが、具体的にはどういう病気なのでしょうか。歯周病は放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です。見た目は何も問題の無いようにみえることが多いのですが、X線写真でみると、歯を支える骨が無くなっているのがわかります。

 歯周病は、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。歯みがきが不十分なままだったり、歯石がついたまま放置しておくのは良くありません。
 歯周病の初期段階の「歯肉炎」は、お子様を含めてほとんど全ての年代に見られます。さらに「歯周炎」と呼ばれる状態では歯ぐきの状態がどんどん悪くなり、歯を支える骨も破壊されてしまうので、歯がグラグラするようになり、最終的には抜けてしまうのです。

 歯周病から身をまもるためには、セルフケアとプロフェッショナルケアが重要となります。。セルフケアとは文字通り、患者様ご自身で行っていただく、毎日の歯みがきのことです。歯ブラシのほか、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使っていただくと、より効果的です。お子様も、大人の方も、出来れば歯医者さんによる歯みがきの指導を受けていただきたいと思います。
 プロフェッショナルケアとは、主に歯科医院で専門の器具を使用して行う歯石除去(歯のクリーニング)のことを指します。そしてこれら2つのケアがしっかりとなされていれば、歯周病から大切な歯を守ることができるのです。

 歯周病は、実に成人の約7割がかかっているといわれます。しかも虫歯のようにはっきりと目に見えるものではなく、自覚症状もあまりないので、普段は特に気にならないかもしれません。
 しかし、ハッキリとその症状が出てきたときには、歯周病の症状がかなり進行していることが多いのです。歯周病で歯を失うことにならないためにも、定期的な歯周病チェックを受けていただきたいと思います。

訪問診療
 本格的な高齢化社会の到来により、日常生活において介護が必要な方への医療の在り方が問われています。介護の現場では、お口の中のケアが行き届かないあまり、普通の食事をすることが困難な状態であったり、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん:気管に食べ物や唾液などの異物が入ったために起こる肺炎)などを引き起こす要因となったりしています。

 訪問診療では、診療室と同じような環境を再現することは難しいため、出来ることには限りがあります。しかし、お口の中のおそうじや入れ歯の調整を行うことにより、きちんと食事ができるようになることは、とても大切なことです。詳しいお時間、料金については当院までお問い合わせください。

フッ素塗布
 むし歯の予防にフッ素が効果的なことは、ご存知の方も多いと思います。フッ素はカルシウムや鉄のように自然の中に存在する元素で、人の体の中にも含まれ、骨や歯の発育に有益な元素として認められています。また、酸に対して強い抵抗力を持つ丈夫な歯を作り、むし歯になりかけた歯の表面を元の状態に戻す働きを持っています。
 海外では水道水などに入れて使用されていることもあるようですが、日本ではフッ素塗布や、フッ素入り歯磨き剤などの形で利用されています。フッ素を使ったむし歯予防は、乳歯が生え始めた頃から、永久歯が生え揃う頃までが最も効果的ですが、成人にも有効であり、そういう意味では一生を通じて利用することができます。

 このようにむし歯の予防に大きな効果を持つフッ素ですが、それだけで完全にむし歯を予防できるわけではありません。甘いおやつや飲み物をとった後は、しっかりと歯を磨く習慣をつけ、かかりつけの歯科医院で定期的にチェックを受けることが大切です。現在、当院では乳幼児のフッ素塗布は無料で行っておりますので、お気軽にご来院ください。


入れ歯について
 入れ歯には、1歯分の小さな入れ歯から総入れ歯まで、様々なタイプのものがあります。入れ歯はまず、型取りをして、それによって出来た模型をもとに製作します。正確な型取りによってできた入れ歯は、ピッタリとお口の中に収まりますが、人間の口の中はやわらかい粘膜で覆われているので、とてもデリケートです。
 そのため使っているうちに、だんだん入れ歯が当たって痛むところが出てきて、調整が必要となります。また、かみ合わせの調整も定期的に必要となります。特に下の入れ歯は舌のスペースを圧迫することがあるため、入れ歯を初めて装着される方は大きな異物感を感じることも多いと思います。個人差はありますが、やはりある程度の慣れが必要な器具だと言えるでしょう。

 入れ歯が合わない、良くかめない、すぐ外れるなど、様々なお悩みをお持ちの方も多いと思います。入れ歯を何年も使用していると、歯茎が痩せてきたり、あごの骨が痩せてくることにより、体の方が合わなくなることもあります。合わない入れ歯を使い続けていると、痛いだけでなく、良く物をかめずに胃に負担がかかるなど、様々な問題が出てきます。
 入れ歯の問題は我慢せず、早めに入れ歯の調整をされることをおすすめします。もちろん当院で作った入れ歯でなくとも、ご相談はいつでも受け付けております。


麻酔について ~ 無痛治療実現のために
 歯科医院では抜歯や外科処置など、痛みを伴う処置を行うときには麻酔をします。麻酔の注射は痛いと思っている方が多いと思われますが、痛みを取り除くために行われる麻酔が痛いのでは意味がありません。痛みに対する感受性には個人差がありますが、当院では極力痛みを抑えた麻酔の注射を行うように努めています。具体的には、

①針を入れる部分に表面麻酔薬をおき、針を入れる時の痛みをやわらげる。
②できるだけ細い注射針を使用する。
③麻酔薬を注入するスピードを一定にコントロールできる電動注射器(anaeject)を使用する。
④麻酔薬を体温近くまで温めてから使用する。

 以上の4つを実践することで、患者さんの負担をやわらげる無痛的治療を目指しています。

 ※写真:電動注射器anaeject

妊娠されている方へ
 妊娠をされると、ホルモンや内分泌バランスの変化などにより、体全体に様々な変化が出てきます。特にお口の中の健康状態は悪化しやすいことが多いので、十分な注意が必要です。
 妊娠中にお口の中に現れやすい症状として、歯ぐきが赤くなって腫れることがあります(まれに出血を伴うこともあります)。また、唾液の性質が酸性に傾き、粘っこくなったり、つわりなどで食事の回数が増え、その結果お口の中が汚れやすくなるなどして、むし歯になりやすい環境になってしまいます。

 妊娠をされたらすぐ、歯の健康診断を受けることが大切です。軽い歯肉炎程度の症状であれば、お口の中をクリーニングするだけでだいぶ良くなります。また、むし歯がある場合、小さなむし歯であれば、治療は出産後でも大丈夫なケースもあります。
 抜歯などの処置が必要な場合は、基本的に安定期(4~7ヶ月)に行いますが、あくまで緊急時における対応ですので、できれば妊娠前に必要な治療を済ませておかれるのが理想です。そのためにもぜひ、普段からの予防を心がけてください。

口臭(お口の臭い)が気になる方へ
 ほとんどの口臭の原因は、口の中にあります。口の粘膜は皮膚のアカと同じように、細胞が剥がれ落ちて、下に白く溜まり腐敗します。これを舌苔(ぜったい)といいます。舌苔は最大の口臭源で、口臭の6割が舌苔から発生します。当院では、舌(ぜつ)ブラシと呼ばれる特殊なブラシを使って、舌苔を綺麗にクリーニングしています。

 舌苔について、もう少し詳しく説明しておきます。まず、一般に食事を歯できちんと噛んでいない人は、噛んでいる人に比べて舌苔が多く、口臭の原因を生みやすくなっています。したがって虫歯だけでなく、口臭予防の観点からも、食事は、きちんと噛んで食べることが必要となってきます。



 口臭の主な原因は、硫化水素やメチルメルカプタンです。歯周病菌は、硫化水素により悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に生成します。よって歯周病は、強烈な口臭の原因になっているのです。口臭予防のために、いかに歯周病予防が大切かがわかっていただけるでしょう。
 ところで良く、ニンニクなどの食物を食べると、臭いの元となる成分が肺から排出され、口臭の原因になるといわれています。ニンニクのように特別な臭い物質を含んだ食物を食べた場合の口臭は、ごくごく一時的なものなので、一日もすれば臭いは消えてしまいます。なので歯周病や舌苔を原因とする口臭とは、別に考えておいた方が良いでしょう。なお、肝臓病になると臭い物質が肺から出てくることがあります。こちらは、根本原因である肝臓の治療をする必要があります。
 さて、胃が悪いと口臭が出るとよくいわれていますが、これのほとんどは誤解です。ただし時々、消化器疾患や扁桃腺炎などが原因で口臭が出ることはあります。

 このように口臭は、お口の中以外に原因があることもありますが、まずはお口の中を歯周病や舌苔の無い、クリーンな状態に保つことが、綺麗な息を保つ第一歩といえるでしょう。口臭が気になる方は是非一度、歯科医院で正しい検診を受けることをおすすめいたします。